G-0QE18T2R78

Brave YouTube Braveアプリ

【たった1分】BraveでYouTubeアプリに飛ぶ問題を解決する方法

2月 13, 2023

Braveの調子がおかしい
YouTubeアプリに飛んじゃう!
対策を知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと


BraveでYouTubeアプリに飛ぶ対策が分かります

BraveでYouTube動画を見ているのに、広告が表示されて「あれ?」と思った経験はありませんか。

実はBraveはユーザーのちょっとした勘違いで、YouTubeアプリが立ち上がってしまいます。

でも1度対策をすれば、再発はしないので安心して下さい。

本記事では、たった1分でできるYouTubeアプリに飛ぶ問題を解決を紹介します。

Braveを使いこなしたい初心者の方は、ぜひご覧ください。

「Chromeでいいや…」と思ってたぼくも、Braveに乗り換えたらチャリンチャリ~ンとおこづかいが貯まってるよ
Braveで受け取った仮想通貨BAT

<Braveをお得に使うご案内>

もらった仮想通貨を日本円に両替するには、ビットフライヤーの口座が必要です

無料で、不労所得が毎月振り込まれる仕組みを作れます(入金や申請は不要

ちなみに、招待コード「y0eos14f」を入れ忘れると1500円をもらい損ねるのでご注意下さい

BraveでYouTubeアプリに飛ぶ問題

Braveの検索窓に「YouTube」と入れて、検索結果をタップすると、YouTubeアプリが立ち上がることがあります。

2017年に行われたアップデート以降、ChromeやSafariのブラウザからYouTubeアプリに飛ぶ現象が報告されているのです。

BraveでYouTube動画を見ているはずなのに、広告が表示されて「おかしい?」と感じた人も多いのではないでしょうか。

パソコンじゃなくてスマホで起きる現象だよ

原因はYouTubeアプリが立ち上がっている

広告が表示されるのは、YouTubeアプリで動画を閲覧しているからです。

スマートフォンの画面の上部を見れば、立ち上がっているアプリが分かります。

左がBraveをアプリでYouTube動画を見ている状態、右がYouTubeアプリで動画を見ている状態です。

YouTubeアプリが立ち上がっている状態
ほんとだ!いつの間にかYouTubeアプリが立ち上がってる
解決策は1分でできるよ

【たった1分】BraveでYouTubeアプリに飛ぶ問題を解決する2ステップ

手順はたったの2ステップです。

  1. YouTubeのURLをコピーする
  2. Braveブラウザの検索窓に貼り付ける

一度設定すれば、繰り返す必要はありません。

AndroidでもiPhone(iOS)であっても、解決策は同じです

YouTubeのURLをコピーする

YouTubeの公式サイトのURLをコピーしましょう。

https://www.youtube.com/

Braveブラウザの検索窓に貼り付ける

これでBraveでYouTubeのウェブ版が開きます。

右上にライオンマークが表示されていれば、BraveでYouTubeが開いています。

一度おこなえば、YouTubeアプリが立ち上がる問題は再発しないので、安心して下さい。

解決しない場合は?

iPhoneなどのメモ帳に、YouTubeのURL(https://www.youtube.com/)を貼り付けます。

黄色になった文字をタップして、「Braveで開く」を押せばYouTubeのウェブ版が立ち上がります。

iPhoneの人はこの方法を試してね

【補足】おこづかいをもらい損ねないようにしよう

YouTubeアプリに飛ぶ問題を解決できたら、ついでにおこづかいをもらう設定も済ませましょう。

おこづかいを受け取るには、ビットフライヤーという仮想通貨の取引所の口座が必要です。

めんどうな入金や申請はいっさい不要なので、以下のリンクからサクッと口座を開設を済ませましょう。

口座の開設ができたら、ザクザクと貯まる5つのコツをお伝えしますね。

>>>【2023年版】仮想通貨を稼ぐブラウザBraveの始め方 超入門

【超入門】仮想通貨を稼ぐブラウザBraveの始め方│暗号資産BATのもらい方

続きを見る

BraveでYouTubeアプリに飛ぶ問題に関連するよくある質問Q&A

よくある質問に答えていきます。

YouTubeアプリに飛ぶ方法は?

二つの方法があります。

  • 検索結果からYouTubeに飛ぶ

検索窓にYouTubeと入力します。

「アプリは既にインストール」を確認して、検索結果をタップしましょう。

  • メモ帳などに貼り付けたURLから飛ぶ(Android)

YouTubeのURL(https://www.youtube.com/)をメモ帳に貼り付け、URLを選択します。

Androidの場合は「開く」をタップすると、YouTubeアプリが立ち上がります。

iPhone(iOS)の場合は「アプリで開く」を選択してください。

YouTubeのURLの入力方法は?

以下のURLをコピーして、検索窓にペーストしましょう。

https://www.youtube.com/

YouTubeのウェブ版とアプリ版の違いは?

比較すると以下の表の通りです。

アプリ版ウェブ版
インストールの必要性
アプリが必要

ブラウザから閲覧できる
データ量
データ通信とストレージ容量

データ通信のみ
操作性
タップするだけ

検索やお気に入りから
機能性
プッシュ通知など

アプリは操作性に優れますが、広告が表示されます。

Braveブラウザはウェブ版のYouTubeを使いますが、広告が表示されません

BraveでYouTubeの使い方は?

BraveでYouTubeを使う方法は、以下の3ステップです。

  1. Braveブラウザ・アプリをダウンロードする
  2. 初期設定を済ませる
  3. BraveでYouTubeを開く

スマホでは、2通りのバックグラウンド再生をする方法があります。

iOS限定で、オフライン再生もできるので使い方をマスターしちゃいましょう。

>>>【広告なし】BraveでYouTubeの使い方│オフラインやバックグラウンド再生ができる

【広告なし】BraveでYouTubeの使い方│オフラインやバックグラウンド再生ができる

続きを見る

BraveブラウザでYouTubeの広告をブロックするには?

Braveを使えば、無料でYouTubeをブロックできます。

ダウンロードするだけで、すぐに広告のストレスから解放されますよ。

>>>【超簡単】BraveブラウザでYouTube広告をブロックする手順│バックグラウンド再生もできる

【超簡単】BraveブラウザでYouTube広告をブロックする手順│バックグラウンド再生もできる

続きを見る

Braveアプリ・ブラウザの安全性は?

安全です。理由は以下の記事で解説しています。

>>>【欠点】Braveブラウザの危険性!比較して安全性を徹底検証

【欠点】Braveブラウザの危険性!比較して安全性を徹底検証

続きを見る

動画を再生しながら違う動画を選ぶ方法は?

Androidの場合、Braveのトップ画面の右下設定から「バックグラウンドでの動画再生」をオンにします。

バックグラウンド再生をオンにすると、Braveの他のタブを開いてもYouTube動画が再生が継続されます。

動画を再生しながら、別のタブでYouTube動画を検索できますよ。

動画を小窓表示(ピクチャインピクチャ)する方法は?

再生中の動画の右下にあるボタンで、全画面表示にします。

YouTube動画を小窓表示(ピクチャインピクチャ)する方法①

この状態で、ホーム画面に戻り別のアプリを立ち上げれば、動画が小窓表示されます。

YouTube動画を小窓表示(ピクチャインピクチャ)する方法②

BraveでYouTubeアプリに飛ぶ解決方法はかんたん

YouTubeアプリが立ち上がる問題は、2ステップで解決できます。

  1. YouTubeのURLをコピーする
  2. Braveブラウザの検索窓に貼り付ける

一度設定すれば、再現しないのでサクッと済ませておきましょう。

無料で広告がブロックできるのに、ネットサーフィンでおこづかいまでもらえるなんてウソみたいですよね。

口座の連携を忘れると、おこづかいをもらい損ねちゃいますよ~!

めんどうな入金や申請はいっさい不要なので、10分でもらう準備をすませておきましょう。

ちなみに、招待コード「y0eos14f」を入れ忘れると1500円をもらい損ねるのでご注意下さい。

-Brave YouTube, Braveアプリ