NFT

マナブさんのNFTの買い方│初心者向けに画像付きで紹介

9月 13, 2022

マナブさんのNFTが欲しい!
初心者は何からやればいいの?
具体的な方法を知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと


完全初心者でもマナブさんのNFTをゲットできます

いま話題のNFT(非代替性トークン)を始めてみませんか?

マナブさんがNFTを始めたことを知り興味はあるけど、なにから始めていいか迷ってしまう人もいますよね。

正しい方法を知らないと、貴重なお金を失う可能性があります。(暗号資産の界隈には資産を盗む悪い人がかなりいます)

この記事では完全初心者に向けて、マナブさんのNFTをゲットする方法を図解を用いて解説しています。

実際の操作画面を見ながらNFTを始めてみましょう。

マナブさんの60番目のNFTをゲットしたぼくが解説します

大前提│Webマーケ教材の購入が必要です

出所:Manablog

NFTを購入できるのは「Webマーケ 教材」の購入者に限られます。

教材は3万円ほどするので、自己投資できない人はここで記事を読むのをやめてOKです。

しかし、行動できる人はすぐポチりましょう。

詳細はレビューは別途書きますが、ぼくは初月で10万円ほど稼げたので、一瞬で回収できましたよ。

収益画面

マナブさんのNFTは、実験的に限定100個で配布されます。

ぼくは60個目をゲットしたので、残りは半分以下です。

欲しい人は取り急ぎ、教材を購入しましょう。

\ 個人で稼ぎ、自由に生きる /

今すぐWebマーケ教材を購入する

Webマーケ教材の購入ページ

マナブさんのNFTを入手する方法

マナブさんのNFTは、ポリゴンネットワーク上で発行されます。

したがって、仮想通貨のイーサをポリゴン用のイーサに変換するひと手間が必要です。

具体的な手順は以下の5ステップです。

  1. 暗号資産ETHを入手する
  2. 財布MetaMaskに暗号資産を入れる
  3. 手数料の安いポリゴンにお金を送る
  4. NFTの売り場に行く(購入者限定リンク)
  5. 購入したNFTを確認する

Step1:暗号資産ETHを入手する

NFTを買うにはイーサリアム(ETH)が必要です。

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次いで時価総額が大きい暗号資産です。

ドルやユーロと同じように両替する感覚で手に入れられますよ。

取引所で口座を開設しよう

イーサリアム (ETH)を買うために取引所に口座を開きます。

国内の取引所なら、手数料の安い取引所でイーサリアムが買えるビットフライヤーがおすすめです。 (Bitflyer Lightningで購入して下さい)

口座開設は無料でできるのでサクッと申し込みましょう。

>>>無料でビットフライヤーに口座を開設する

やり方が不安な人向けに、解説手順を画像付きで紹介しています。

最短10分 簡単にできるビットフライヤーの始め方│口座開設から仮想通貨を買う3ステップ

続きを見る

Step2:お財布MetaMaskに暗号資産を入れる

口座が開設できたら、取引所でイーサリアム(ETH)を3万円ほど買いましょう。

次に暗号通貨を出し入れするお財布(ウォレット)にイーサリアム(ETH)を入れます。

よく使われているのが、キツネがトレードマークのウォレット MetaMask です。

MetaMaskはGoogle chromeのアドイン機能で使うと便利です。一度インストールすれば驚くほど簡単に使えます。

以下2つの作業をパソコンから行います。

  1. メタマスクのアカウントを開設する
  2. メタマスクに仮想通貨を送金する
  3. 【おまけ】ネットワークを追加するやり方

まずはMetaMaskのホームページでアカウントを作成します。

Metamaskは偽物サイトが存在するので、必ず正しいURLからインストールしてください(下記のURLは安全です)。

>>>MetaMaskの公式ホームページ

開設する手順は画像付きでこちらの記事で紹介しています。

メタマスク(仮想通貨ウォレット)とは?やり方や登録方法までをやさしく紹介

続きを見る

Step3:手数料の安いポリゴンにお金を送る

「イーサリアムメインネット」は手数料が高く、安いNFTを買おうとすると手数料の方が高いなんてこともザラにおきます。

いわば高速道路の料金がめちゃくちゃ高いイメージです。

そこで高速道路の使用料金が安いポリゴン(Polygon)ネットワークを使います。

MetaMaskにネットワークを追加する

MetaMaskのトップ画面の右上にあるアイコンを押します。

メニューの下部にある「設定」を押します。

ネットワークの追加」を押すと以下の画面が表示されます。

各項目を入力していきます。

手打ちするのは大変なので、以下をコピペして下さい。

✔ Network Name
Matic Mainnet

✔ New RPC URL
https://polygon-rpc.com

✔ Chain ID
137

✔ Symbol(Optional)
MATIC

✔ Block Explore URL(Optional)
https://explorer.matic.network/

旧)https://rpc-mainnet.matic.network から 新)https://polygon-rpc.comに変更がありました

ちなみにマティック(Matic)というのはポリゴン(Polygon)の前に使われていた名前です。

入力したら「保存」を押します。

これでネットワークに手数料の安いポリゴン(Polygon)が追加されました。(表記はMaticです)

ネットワークを「Matic Mainnet」に切り替えておきます。

ポリゴンネットワークに送金する

ポリゴン(Polygon)のトップページにアクセスします。

Polygon Wallet」を押します。

ログインするアカウントで「MetaMask」を選びます。

パスワードを入力して「ロック解除」を押します

イーサ(ETH)を送るので、「Deposit」を押します。

送る金額を入力します。

MAX」を押すと送金可能な上限値が入力されます。

送金額を確認して「Transfer」を押します。

注意事項が表示されるので確認しましょう。送金には7~8分かかります。

確認したら「Continue」を押します。

手数料が表示されます。$57とけっこう取られます。(時間によって変化します)

このように手数料でガシガシ削られていくので、3万円ほど買っておいたほうがいいです。

手数料を確認したら「Continue」を押します。

送金の確認画面が表示されます。

0.05ETHをイーサリアムネットワークからポリゴンネットワークに送ります。

Continue」を押します。

MetaMaskから承認を求められるので、「確認」を押します。

送金処理が始まります。

送金処理が完了するまで待ちましょう。状況が3段階で分かります。

ぼくの場合、12分かかりました。

Completedが表示されたら、完了です。

Step4: NFTの売り場に行く(購入者限定リンク)

一般的に、NFTはOpenSeaで購入します。

マナブさんのNFTは、教材の購入者限定で配信されるメールから購入できますよ。

NFT自体は無料で、ネットワークを使う手数料で1~2Matic(数円程度)かかります。

メールに埋め込まれた、リンクからウォレットを接続しましょう。

接続できたら、「Mint」を押せば完了です。

メールに埋め込まれた購入ボタン

Step5:購入したNFTを確認する

購入したNFTは、OpenSeaで確認できます。

ウォレットを接続して、「Collected」を開きましょう。

購入したNFTが追加されていますよ。

お疲れ様でした。

これでマナブさんのNFTをゲットできました。

マナブさんのNFTを入手しよう

マナブさんのNFTをゲットする手順は、以下の5ステップです。

  1. 暗号資産ETHを入手する
  2. 財布MetaMaskに暗号資産を入れる
  3. 手数料の安いポリゴンにお金を送る
  4. NFTの売り場に行く(購入者限定リンク)
  5. 購入したNFTを確認する

ただし、NFTを購入できるのは「Webマーケ教材」の購入者に限られます。

3万円ほどの教材に自己投資できない人は、NFTを買う権利がありません。

限定100個のNFTが無くなる前に、ポチっと購入しておきましょう。

>>>今すぐWebマーケ教材を購入する

-NFT