取引所

コインチェックでリスク(Lisk/LSK)が買えないシンプルな理由│対策は2つある

2月 1, 2022

暗号資産のリスクに興味がある!
コインチェックでは買えないの?
対策があれば知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと

暗号資産のリスク(LSK)がコインチェックで買えない理由が分かります

コインチェックでリスク(LSK)が買えなくて困っていませんか?

ドキドキしながら購入手続きをしたのに「流動性が低い」のエラーメッセージが表示されて買えずに悩みますよね。

残念ですが、悩んでいる時間はムダです。

この記事では、コインチェックでリスク(LSK)が買えない理由と対策を解説しています。

安全に暗号資産を増やしたい人はぜひご覧ください。

コインチェックでリスク(LSK)を買えなかった体験をしたぼくが解説します

2022年3月2日時点でLiskの売買が再開しました

\ 500円から今すぐできる /

無料でコインチェックの口座を開設

【公式】コインチェックのホームページ

リスク(Lisk/LSK)とは?

リスクは2016年に生まれた暗号資産です。スイスに本部があるリスク財団により運営され、ドイツのベルリンが開発の拠点です。

リスクはLiskまたはLSKと表記され、意味が以下の通りです。

  • 分散型プラットフォームの名前:Lisk
  • 通貨の単位:LSK:LSK

通貨の単位であるLSK(リスク)だけ覚えればOKです

リスクはブロックチェーン技術より処理速度が速いサイドチェーン技術を使っているのが特徴です。

コインチェックでリスク(Lisk/LSK)は買えない?体験談

2022年2月時点でリスク(LSK)は買うことも売ることもできません。

※2021年12月現在、CoincheckではLSKの売買を停止しています。

https://coincheck.com/ja/article/106

コインチェックのホームページに記載がある通りです。

コインチェックで表示されるエラーメッセージ

コインチェックの購入画面にはリスク(LSK)が表示されています。

さらに金額を指定して「購入する」を押すこともできます。

リスクの取引画面

しかし、以下のメッセージが表示されて購入できません。

現在流動性が低下しているため、一時的に購入を制限させていただいております

流動性が低いってどういう意味?

一言でいうと信用が低いという意味です

コインチェックでリスク (LSK) を買えない理由|流動性が低いから

リスク(LSK)を買えない理由は流動性が低いことです。

流動性とは安定して換金できるか、つまり信用の度合いを指します。

エラーメッセージを分かりやすく言うと、リスク(LSK)が安定して換金できず信用度が下がっているので売買ができない状態。

という意味です。

流動性は暗号資産の出来高の量を見れば推し量ることができます。

リスク (LSK) の出来高のランキングは10位圏外

リスク(LSK)は取引される量が他の暗号資産と比べて小さく、流動性は低いと言えます。

信用が低いとも言えます。

暗号資産ごとの単月(2022年11月)の出来高(取引金額)は以下の通りです。

順位暗号資産出来高
1位ビットコイン1兆3,508億円
2位 イーサリアム3,835億円
3位 リップル2,108億円
4位 シンボル1,058億円
5位 オーエムジー534億円
6位 ベーシックアテンショントークン530億円
7位 クアンタム410億円
8位 ステラルーメン284億円
9位 ライトコイン265億円
10位 モナコイン186億円
-その他682億円
出所: 日本暗号資産交換業協会 2021年11月

リスクは10位以内には入っておらず、その他に含まれます。

リスク (LSK) の時価総額のランキングは70位

価格と発行枚数を掛けた時価総額でも、 リスク (LSK)は他の暗号資産と比べて下位にあたります。

2022年1月31日時点の時価総額で、リスク (LSK) は70位です。

出所:https://cc.minkabu.jp/

1位のビットコインの時価総額と比べると、リスク(LSK)は1000倍の1以下の規模です。

つまり、取引される量と時価総額額が低いリスクは(LSK)は、一時的に信用が下がっており取引ができない状態にあります。

コインチェックでリスク(LSK)が買えないときの2つの対策

リスク(LSK)が買えないときの対策は以下の2つです。

  • コインチェック以外の取引所でリスク(LSK)を購入する
  • 安定して稼ぎやすい暗号資産を購入する

悩んでいてもリスク(LSK)の流動性は変えられないので、時間のムダです。

ピンときた方をサクッと選んで行動しましょう

コインチェック以外の取引所でリスク(LSK)を購入する

リスク(LSK)の取引が成立している交換業者を選びましょう。

bitFlyerなら2022年2月1日時点でリスク(LSK)の取引の履歴が確認できます。

引用:bitFlyerのホームページ

リスク(SK)用の取引口座で開設しておくと、欲しいときにすぐ買えますよ。

さらに買い物するだけでビットコインが貯まるクレジットカードはbitFlyerだけの魅力です。

入会するだけで500円分のビットコインがもらえるお得なキャンペーンは突然終了するので、今すぐ口座を開設するのをおすすめします。

>>>無料でbitFlyerで口座を開設する

安定して稼ぎやすい暗号資産を購入する

リスク(LSK)のようなマイナーな暗号資産を買いたい人の目的は、大きく稼ぐことですよね。

10倍や100倍のリターンを得る興奮も確かに魅力的です。しかし、裏を返せば10万円の原資が千円に崩れ落ちる危険があります。もはや投資ではなく投機。言ってしまえばただのギャンブルです。

それよりも比較的、安定して稼ぎやすい暗号資産に投資するほうがよっぽと稼げますよ。

結論から言えば、ビットコインを買っておけば間違いありません

なぜなら出来高を見れば分かる通り、圧倒的な出来高を誇るからです。

他の暗号資産と比べて1兆円も取引金額多いです。しかも単月の値です。

つまりビットコインは流動性が高く、信用が高いと言えます。

コインチェックならビットコインを500円から買えるので、口座開設&入金を済ませていつでも買える状態にしておきましょう。

>>>完全無料│コインチェックのビットコイン投資の始め方【500円からOK】

コインチェックのビットコイン投資の始め方│口座開設&入金手順

続きを見る

まとめ│コインチェックでリスク(LSK)が買えない

コインチェックで リスク(LSK)が買えないのは流動性が低い、つまり信用が一時的に下がっているためです。

流動性は暗号資産の出来高を見れば推し量れ、リスク(LSK)は金額ベースでみると10位よりも低く流動性が低いと言えます。

対策は2つあります。取引が成立している他の交換業者でリスク(LSK)を買うか、流動性が高い他の暗号資産を買うとよいでしょう。

コインチェックでリスク(LSK)が買えない理由が分かったので、次は「bitFlyerでリスク(LSK)を買ってみようかな!」と思いましたよね。

入会するだけで500円のビットコインがもらえるお得なキャンペーンは突然終了するので、今すぐ口座を開設するのをおすすめします。

>>>無料でbitFlyerで口座を開設する

-取引所
-,