G-0QE18T2R78

Brave評判

【まだ早い】Brave VPNの評判・特徴をレビュー│PC非対応なのは痛い

Brave VPNってどう?
評判が気になるな…!
他のVPNと比べてどう?

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと


Brave VPNの評判が分かります

思考停止で公共のWi-Fiを使っていませんか?

対策をしないと、大切なクレジットカード情報を盗み取られる危険があります。

Brave VPNを使えばいいと分かっていても、評判が気になる人もいますよね。

VPN:Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)

しかし、ネットの記事はどれも同じ内容のコピーで、信頼性に欠けると言わざるを得ません。

そこで本記事では、Brave VPNの特徴から評判までを徹底レビューしました。

結論、お金を払ってまで入れる必要はまだありません

安全にネットサーフィンを楽しみたい方は、ぜひご覧ください。

「Chromeでいいや…」と思ってたぼくも、Braveに乗り換えたらチャリンチャリ~ンとおこづかいが貯まってるよ
Braveで受け取った仮想通貨BAT

<Braveをお得に使うご案内>

もらった仮想通貨を日本円に両替するには、ビットフライヤーの口座が必要です

無料で、不労所得が毎月振り込まれる仕組みを作れます(入金や申請は不要

ちなみに、招待コード「y0eos14f」を入れ忘れると1500円をもらい損ねるのでご注意下さい

Brave Firewall+VPNの特徴│基本情報を徹底解説

Brave Firewall+VPNは、Braveブラウザを開発したBrave Software社が提供するブラウザのセキュリティを強化する有料サービスです。

トラッキング、広告、マルウェア、フィッシング詐欺などの悪意あるコンテンツをブロックできます。

特徴:公共Wi-Fiを安全に使える

カフェなどの無料Wi-Fiは危険です。

なぜなら、個人情報が流出する可能性があるからです。

「クレジットカード情報が抜き取られる可能性があります」と警告が表示されますよね。

ぼくのようにスタバで作業することが多い人は、VPNを使うとセキュリティを高められます。

FirewallとVPNは何が違う?

専門用語が分かりません
分かりやすく解説するよ

ファイヤーウォール(Firewall)は通信を遮断する壁

ファイヤーウォールは通信を許可したり、拒否する仕組みです。

外部からの不正なアクセスや、怪しいサイトへの接続を防げますよ。

判断する際は、通信の内容を見ずに、送信元と送信先の情報で行います。

宅急便に例えると、荷物の中身は見ないで住所で判断するイメージですね。

VPNはサーバーで情報を匿名化する仕組み

VPNは、インターネットに接続するときに、サーバーで匿名化が行われる仕組みです。

これにより、IPアドレスが隠されて、ネット上の活動を追跡できなくなります。

いまさらだけど、サーバーってなに?
Webサイトの情報を保管しておく場所だよ

今、あなたが読んでいるこの記事も、スマホやパソコンからの要求を受けて、データを提供している訳です。

Braveのプライバシー保護と何が違う?

Braveブラウザを使うだけでもいいいんじゃないの?

Braveでは、ブラウザの情報のみが匿名化されます。

つまり、Braveブラウザ以外のアプリ(ChromeやYouTube)を使う場合は、匿名化されません。

スマホやパソコンなどの端末を丸ごと守りたいなら、Brave Firewall+VPNは有効でしょう。

Brave Firewall+VPNの悪い評判(デメリット)

Brave VPNのデメリットは、3つあります。

  • パソコンに対応していない(Android/iOSのみ)
  • サポート体制が不十分
  • 個人情報の保護の点で懸念がある

ネットでは、サーバー台数の少なさや、通信速度の低下などの問題点も指摘されていますが、体感できるレベルではありませんでした。

パソコンに対応していない(Android/iOSのみ)

現在はiOS、Androidのスマホに対応しています。

パソコンには対応していませんが、公式サイトによれば近日中に対応を予定しています。

サポート体制が不十分

Braveは、メールと日本語コミュニティの2つのサポート体制があります。

一方、大手のNordVPM(ノードVPN)では、メールに加えてライブチャットやヘルプセンターの3つの体制が設けられています。

また、 Brave VPNはGuardianより提供されています。

24時間365日のサポート体制が取られていますが、サイトは英語表記であり使いづらさを感じる人もいるでしょう。

個人情報の保護の点で懸念がある

BraveVPNは、アメリカのBrave Software社により提供されています。

国がアクセス情報の開示を求めれば、企業は開示せざるを得ません。

日本のアズポケット社により提供されているMillenVPN(ミレンVPN)も、同様のリスクは指摘できます。

情報開示に法的拘束力のないパナマに本拠地のあるNordVPM(ノードVPN)であれば、こうしたリスクはないと言えるでしょう。

Brave Firewall+VPNの良い評判(メリット)

Brave VPNのメリットは、3つあります。

  • Braveアプリと併用して安全性がさらに高まる
  • 無料トライアルが1週間使える
  • 短期プランなら手ごろな値段

数か月のお試しなら、やってもいいかな?が正直な感想です。

Braveアプリと併用して安全性がさらに高まる

Braveを使うだけでも、ブラウザから個人情報などが洩れるリスクを減らせます。

Firewall+VPNを使えば、端末やサーバー側のセキュリティをさらに高められますよ。

どうしても、公共のWi-Fiで会社の機密情報を扱う場合は、向いているかもしれません(あくまで緊急用)。

ぼくのようなブロガーはなくてもいいかなと

無料トライアルが1週間使える

Brave Firewall+VPNは、7日間の無料トライアルがあります。(ただし、支払い情報の入力が必要)

使い勝手などを確認してもよいでしょう。

短期プランなら手ごろな値段

1か月プランだと、後述するように他のVPNサービスよりも手ごろな価格で使えます。

Brave VPNの他のサービスとの比較

主要なVPNサービスと比較した表は、以下の通りです。

NordVPMMillenVPNBrave VPN
料金(1ヶ月プラン)1,510円/月1,480円/月1,080円 /月
料金(1年プラン)1620円/月540円/月900円/月
会社の所在パナマ日本アメリカ
ノーログポリシーありありあり
同時接続台数6台5台5台
無料体験期間30日間返金保証30日間返金保証7日間

ノーログポリシーとは、利用者の情報を全く保持しないという企業の宣言です。

明確な基準はないものの、プライバシー保護や個人情報流出の対策がされている一つの目安にするとよいでしょう。

Brave VPNの使い方│3ステップ

Androidの操作画面で手順を紹介します。

Braveアプリをインストール

以下のリンクより、iOSまたはAndroidのアプリがダウンロードできます。

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ

posted withアプリーチ

BraveVPNをオンにする

ホーム画面の右下にある…(設定)から「Brave VPN」をタップします。

BraveVPNをオンにする

契約プランを選択する

月間プランか年間プランを選んで、決済に進みます。

契約プランを選択する

年間プランだと16%お得です。

Brave VPNに関するよくある質問

Brave VPNの料金はいくら?

1か月プランだと1,080円/月、年間プランだと10,800円/年です。

Brave VPNはどのデバイスで利用可能ですか?

iOSおよびAndroidデバイスのBraveブラウザから利用できます。

パソコンの利用は、今後対応する予定です。

Brave VPNの支払い方法が知りたいです

Android端末の場合は、Google Play, クレジットカード、メルペイ、PayPal、NTT DOCOMO払い、コード払いに対応しています。

Brave VPNの支払い方法

なお、仮想通貨BATには対応していません。

Braveは安全ですか?

はい。安全です。

危険性と合わせて、別の記事で解説しています。

>>>【欠点】Braveブラウザの危険性!比較して安全性を徹底検証

【欠点】Braveブラウザの危険性!比較して安全性を徹底検証

続きを見る

Braveブラウザの評判を知りたいです。

こちらの記事が参考になります。

>>>【厳しめ】Braveブラウザの評判│3つの使い方を本音でレビュー

【厳しめ】Braveブラウザの評判│3つの使い方を本音でレビュー

続きを見る

Brave Firewall+VPNの評判はイマイチです

Brave Firewall+VPNは、セキュリティを強化する有料サービスです。

パソコンに対応してない点からぼくは採用を見送りましたが、今後は対応する計画と公式サイトでは公表されています。

短期プランなら他のVPNサービスより手ごろなので、試してみてもよいでしょう。

無料で広告がブロックできるのに、ネットサーフィンでおこづかいまでもらえるなんてウソみたいですよね。

口座の連携を忘れると、おこづかいをもらい損ねちゃいますよ~!

めんどうな入金や申請はいっさい不要なので、10分でもらう準備をすませておきましょう。

ちなみに、招待コード「y0eos14f」を入れ忘れると1500円をもらい損ねるのでご注意下さい。

-Brave評判