暗号資産

ビットコインはなぜ儲かる?難易度別に6つの儲かる仕組みを解説

ビットコインは儲かるの?
儲かる理由を知りたいな!
初心者にもできる儲け方は?

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと


ビットコインで稼げる仕組みが分かります

なぜビットコインが儲かるか説明できますか?

儲からない人は、仕組みを理解しないまま投資を始めています。

仮想通貨の投資では、自分のレベルに合った手法を選ぶのが失敗しないコツです。

本記事ではビットコインが儲かる理由を解説した上で、難易度別の稼ぎ方を紹介します。

暗号資産(仮想通貨)で稼ぎたい人はぜひご覧ください。

仮想通貨が儲かることを裏付けるアンケ―ト結果

2022年1月に1000名を対象に実施したアンケートによれば、暗号資産(仮想通貨)の投資は儲かりやすいと言えます。

参照:株式会社クロスマーケティングの調査結果

58%の人が5万円未満の利益を出せています。

注目すべきは開始時期です。

2021年に取引を始めた人が最多29%で、2020年に始めた人が23%でした。

つまり、半数の人が最近、暗号資産の取引を始めたにも関わらず、利益を出せています

なお、投資している通貨は?という質問に対して、64.9%の人がビットコインと回答しています。

つまり、仮想通貨の中でもビットコインは儲けやすいと言えるでしょう。

ビットコインはなぜ儲かる?将来が有望だから

ビットコインが儲かると言われる理由は以下の3つです。

  • 価格が上がると予想されるから
  • 信頼性の高い仮想通貨だから
  • 急激な価格変動がおこりづらいから

将来が有望視されているビットコインは、稼げる投資先として多くの関心が寄せられています。

価格が上がると予想されるから

米国の投資銀行であるゴールドマンサックスによれば、1ビットコインの価格は10万ドル、つまり約1,200万円を実現する可能性があります。(出所:Bloomberg

ちなみに1200万円という価格は以下のグラフに示す位置(赤丸)です。

ビットコインの価格の数位と予想

2020年は2017年のバブルと言われた頃より、さらにビットコインの価格が上昇しました。

1200万円という予想は、500~700万円という直近の価格帯を大きく突き抜ける価格です。

信頼性の高い仮想通貨だから

ビットコインは国の法定通貨に採用されたり、決済通貨として普及を始めたりするほど、信頼性が高いです。

南米のエルサルバドルでは、ビットコインを国の法定通貨とすると報道されました。

また、日本でも決済通貨として普及し始めています。

ビットコインで決済できる店舗の例は以下の通りです。

  • ビッグカメラ(家電量販店)
  • コジマ(家電量販店)
  • ソフマップ(パソコン販売店)
  • エイチ・アイ・エス(旅行代理店)
  • メガネスーパー(眼鏡販売店)

急激な価格変動がおこりづらいから

ビットコインは仮想通貨の中でも、極端な価格の下落が起こりづらいです。

なぜなら取引量が多く、需要と供給のバランスが過度に崩れにくいからです。

単月(2022年11月)の取引金額を見ても、ビットコインはけた違いに大きいことが分かります。

順位暗号資産出来高
1位ビットコイン1兆3,508億円
2位 イーサリアム3,835億円
3位 リップル2,108億円
出所: 日本暗号資産交換業協会 2021年11月

参考:儲からないデメリットも知っておこう

仮想通貨は値動きの変動(ボラトリティ)が大きいので、価格が下がれば儲からない可能性もあります。

しかし、価格が下がったからと言って悲しむ必要はありません。

なぜなら値下がりは、お得にビットコインを買い増すチャンスだからです。

つい初心者は価格が下がると「どうしよう…」とパニックになり、冷静な判断ができなくなります。

対策は簡単です。

実力に合った投資方法を選びましょう

ビットコインで儲ける仕組み6選│難易度別に紹介

難易度別に示すと以下の6つです。

  • 基礎│長期保有
  • 初級│積立投資オススメ
  • 中級│中期保有
  • 中級│短期保有
  • 上級│超短期投資
  • 上級│信用取引

失敗するリスクを回避するには、初心者向けの仕組みから始めるとよいでしょう。

①基礎│長期保有

いわるゆガチホと呼ばれ、「本気で持ち続ける(ガチでホールドする)」を表します。

購入後は価格変動を気にしないでビットコインを持ち続け、大幅な上昇をしたら売却して利益を得ます。

購入後にチャートを一切見ないでよいので、ゼロから始める人におすすめです。

500円で始められる手順は、以下の記事を参考にして下さい。

>>>完全無料│コインチェックのビットコイン投資の始め方【口座開設&入金手順】

コインチェックのビットコイン投資の始め方│口座開設&入金手順

続きを見る

②初級│積立投資

毎月、一定の金額をビットコインを買い続ける手法です。

ドルコスト平均法とも言われ、ビットコインの価格が高いときは少なく、安い時には多く買えるのが特徴です。

その結果、平均購入価格が抑えられて利益を出しやすくなります。

月に1万円、1日に当たりたった333円で始められるので初級者におすすめです。

具体的な始め方は、こちらの記事を参考にして下さい。

>>>たった5分│頑張らなくてもビットコインが増える秘訣【Coincheckつみたて】

寝ながらビットコインが増える秘訣│たった5分でできるCoincheckつみたて

続きを見る

③中級│中期保有

一般的に2~3日から数週間の期間で取引をする手法で、スイングトレードとも呼ばれます。

安く買って高く売る、あるいは高く売って安く買い戻すことで利益を出します。

価格が転換する「スイングハイ」や「スイングロー」を見極めて取引する手法です。

テクニカル分析などを用いて、価格の転換点を見極めることに集中します。

テクニカル分析:過去の値動きの特徴から今後の動向を予想する手法

④中級│短期保有

買った日のうちに売却もしくは、売りから入ってその日のうちに買い戻す手法で、デイトレードとも呼ばれます。

スイングトレードよりも1回あたりの利益は少ないでが、取引の数を増やすことで同等かそれ以上の利益を狙う手法です。

通勤時間に購入して寝る前に売却したり、仕事の合間をみて売買したり、投資のやり方は生活スタイルにより異なります。

1日の間に損得を確定するのが特徴です。

⑤上級│超短期保有

数秒から数分程度の極めて短い間に、売買を繰り返して利益を積み重ねる手法で、スキャルピングとも呼ばれます。

scalp;頭皮を剥ぐ

インディアンが、がいこつから薄い皮を剥ぐ行為を模して呼称されています。

1日で数十回~数百回の取引を重ねて利益を狙います。

チャートを常に見る必要があり、精神的・体力的に負荷がかかる手法です。

⑥上級│信用取引

口座に預けたお金を担保にして、数倍のお金を借りて取引する手法で、レバレッジ取引とも呼ばれます。

レバレッジ:てこ

例えば、100万円の預金があり、レバレッジ2倍にすると、200万円の仮想通貨の取引ができます。

信用取引は売りから始めて、価格が下がったら買い戻せます。

つまり、価格が下がっても利益を出せるのが特徴です。

自己資金を超えた損失をはらむ可能性があるので、注意しましょう。

初心者はビットコインの積立投資から始めよう

アンケート結果が示すように、最近はじめた人でも仮想通貨の取引で利益を出せています。

初心者が失敗を避けるには、実力に合った稼げる仕組みを選びましょう

  • 基礎│長期保有
  • 初級│積立投資オススメ
  • 中級│中期保有
  • 中級│短期保有
  • 上級│超短期投資
  • 上級│信用取引

ほったらかしで資産が増える積立投資です。

ビットコインが儲かる仕組みが分かったので、次は「どこでビットコインを買えばいいのかな?」と思いましたよね。

初心者におすすめの取引所は別の記事で紹介しています。ぜひご覧下さい。

-暗号資産