Brave

下品なYouTube広告が不快!変な広告が増えた3つの理由

1月 25, 2023

YouTubeの広告が不快です…
消すためにお金を払うのもいや…
いい方法ないかな?

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと


無料でYouTube広告を消す方法が分かります

下品な広告って不快ですよね。

どうにかして、YouTube広告を消したいと思う人は多いのではないでしょうか。

我慢して使っていると、楽しい家族の団らん中にエロ系の広告が流れて、気まずい思いをするかもしれません。

実は、不快な広告がYouTubeに増えたのには、3つの理由があります。

そこで本記事では、変な広告が増えた背景を解説した上で、YouTube広告を無料で消す方法を紹介します。

広告のストレスから解放されたい人は、ぜひご覧ください。

今すぐにYouTube広告を消したい!という人は、こちらの記事をご覧ください。

>>>【無料】ウザいYouTubeの多すぎる広告を一瞬で消す3つの方法

【無料】ウザいYouTubeの多すぎる広告を一瞬で消す3つの方法

続きを見る

事実!60%の人がYouTube広告が不快・下品と感じる

ITマーケティング社の調査によると、動画を視聴した人のうち、60%が動画広告を不快に感じた経験があると回答しました。

さらに、広告を非表示にするためにお金を払っていいか?

という質問に、17.9%の人が「はい」と回答しました。

つまり80%の人は課金したくない

調査結果から見えてくるのは、多くの人が我慢しながらYouTubeを見ているという実態です。

「広告は消したいけどお金は払いたくない…」

と感じる人が80%、とも言えるでしょう。

変な広告を子供に見せたら…

我慢した状態のままYouTubeを使い続けるのはオススメしません。

というのも、家族と見ているときに、気まずい思いはしたくありませんよね。

例えば、こんな広告が流れてきたら…。

エロ系に限らずに、YouTubeには不快に感じる広告があります。

  • 性的な描写をしたエロ系
  • デブや禿げといったコンプレックス系
  • 「すぐに稼げる」怪しい副業系
なんで変な広告が増えてきたのかな?
3つの理由があると言われているよ

YouTubeに下品で変な広告が増えた3つの理由

YouTubeに不快を感じる広告が増えた理由は、3つあります。

  • コロナ渦で広告を出す企業が減った
  • 広告の審査は動画と比べて厳しくない
  • Googleの見解│法律違反の広告は禁止

JCASTニュースの情報を基に、分かりやすく解説します。

コロナ渦で広告を出す企業が減った

YouTube広告は入札制が導入されており、高いお金を払った企業の広告が表示される仕組みです。

しかし、コロナ渦で大手企業が宣伝費が削減した結果、お金のない企業の広告(=質の低い)でも表示される機会が増えたのです。

実際に、本田圭佑さんが広告価格が40%も下落していると、ツイートされています。

ツイートを見る

お金がなくてもYouTubeに広告を出せるようになった結果、下品な広告が増えたと言えます。

広告の審査は動画と比べて厳しくない

YouTube動画に比べると、広告の審査は緩いです。

なぜなら、厳しくすると企業が広告を出してくれないから。

Google社(現在Alphabet社)の収益構造は、81%が広告と言われます。

したがって、広告の審査を厳しくすると、業績の悪化を招く恐れがあるのです。

Googleの見解│法律違反の広告は禁止

JCASTニュースが、Googleから得た見解が以下です。

性的描写が露骨なコンテンツ、著作権で保護されたコンテンツを不正に使用する広告、薬機法や景表法なども含め、広告掲載地域の法規制に準拠しない広告は禁止しています

Google 広報部

つまり、法律に違反する広告は禁止しています。ということ。

具体的にどんな法律違反があるの?
具体的に見ていこう

法律に違反した下品なYoutube広告

日本の法律では、薬機法と景品表示法に当たるかがポイントです。

ざっくり言うと、以下の通りです。

薬機法(やっきほう):「飲むだけで痩せる」などの勘違いを与える表現を禁止する法律

景品表示法:「1週間で10kgやせる」などの勘違いを与える表現を禁止する法律

不快なYouTube広告の事例6選

  • 宿便が出て痩せるサプリメント
  • 脂肪を溶かすサプリメント
  • バストアップするサプリメント
  • 飲むだけで1ヶ月で10キロやせる
  • 「髪が生えた」効果をうたう育毛剤
  • 「楽に儲かる」投資商品
見覚えのある広告もあるな~
次に消し方を紹介するよ

【正式版】下品なYouTube広告を消す3つの方法

YouTube広告を非表示にする方法は、3つあります。

st-mybox title="" fontawesome="" color="#757575" bordercolor="#5b8bd0" bgcolor="#f0f7ff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]

  • YouTubeから「広告をブロック」する
  • トピックを消す
  • 年齢を90歳以上に変更する

[/st-mybox]

Googleのマイアドセンターから非表示にする手順を紹介します。

ただし、完全に広告が非表示になるわけではありません。

広告を完全にゼロにしたい人は、この後に紹介する裏ワザを参考にして下さい。

YouTubeから「広告をブロック」する

YouTubeから、広告をブロックする手順は以下の3ステップです。

  1. 右上の・・・(設定)をタップ
  2. 「マイアドセンター」をタップ
  3. 「広告をブロック」をタップ

次に

  1. 停止しますか?に「続行」を選択
  2. 「ブロックしました」が表示

これで、表示されていた広告が表示されなくなりました。

似た広告は表示されます

トピックを消す

Googleのマイアドセンターから、以下の手順で行います。

  1. 「広告のカスタマイズ」から「トピック」タブを選択
  2. 「-」をタップ
  3. ②を繰り返す

②を終えると、画面の下部に「選択したトピックの広告が減ります」と表示されます。

減るけど、ゼロになるわけじゃないんだね

年齢を90歳以上に変更する

Googleの広告は、視聴者の年齢によって表示される広告が異なります。

例えば、美容は若年層を対象としており、年齢を90歳以上にすれば、美容の広告は表示されません。

年齢の変更手順は、Googleのマイアドセンターから、以下の手順で行います。

  1. 「プライベートの管理」から「年齢」をタップ
  2. 1923年3月9日を選び「保存」をタップ
  3. 99歳ですか?に「確認」をタップ

年月はどの日付でも構いません。

「生年月日が更新されました」が表示されたら、完了です。

高齢者向けの広告は表示されちゃうよ
完全にゼロにする方法はないの?

【裏ワザ】下品なYouTube広告を完全に消す方法

YouTube広告を完全にゼロにする方法が、3つあります。

  • YouTubeプレミアムに加入
  • パソコンの拡張機能を使う
  • 広告をブロックするアプリを使う

特に、3番目は本当は秘密にしたい裏ワザです。

経験談!広告をブロックするアプリで快適になりました

ぼくは、広告を非表示にしてくれるアプリを使って、YouTubeが快適に見られるようになりました

このアプリは、完全無料で使えます。

さらに、ネットサーフィンをするだけで、チャリンチャリンとお小遣いが貯まっていくんですよね。

他の方法と比べた結果は別の記事で解説しています。

>>>【無料】ウザいYouTubeの多すぎる広告を一瞬で消す3つの方法

【無料】ウザいYouTubeの多すぎる広告を一瞬で消す3つの方法

続きを見る

下品で不快なYouTube広告は消しちゃおう

YouTubeに下品な広告が増えた、と言われる理由は3つあります。

  • コロナ渦で広告を出す企業が減った
  • 広告の審査は動画と比べて厳しくない
  • Googleの見解│法律違反の広告は禁止

Googleアドセンターで設定を変えれば、下品な広告を減らせます。(ゼロにはできません)

しかし、アプリを使うなどすれば、YouTube広告を完全にゼロにできますよ。

不快なYouTube広告の消し方が分かったので、次は「アプリを使って広告をゼロにしようかな!」と思いましたよね。

アプリの使い方や評判は、別の記事で解説しているので参考にして下さい。

-Brave